オーガニックで、ミニマルに。

有機にこだわる主婦の、食べること、暮らすこと、選ぶこと、守ること。

書評

【書評】もう理不尽に耐えくていい。『自発的隷従論』が私達に教えてくれたこと。

もうすぐ、選挙ですね。 自分の望む社会とは何か、誰がそれを叶えてくれるのか…改めて考えるチャンスです。 さて、このタイミングで出会えてよかった!と思える本があったので、皆さんにもご紹介したいと思います。 自発的隷従論 (ちくま学芸文庫) 作者: エ…

オーガニックがもたらす、ポジティブなスパイラルとは?本『タネと内臓』から学んだこと。

先日、『タネと内臓』を読み終えました。とても短く読みやすい本でしたが、なんとも学びの多い1冊。 せっかくなので、感想や考えたことなどを書いておきたいと思います。 タネと内臓‐有機野菜と腸内細菌が日本を変える 作者: 吉田太郎 出版社/メーカー: 築地…