オーガニックで、ミニマルに。

有機にこだわる主婦の、食べること、暮らすこと、選ぶこと、守ること。

【感想】ゲノム編集食品に関する意見交換会に、参加してきました。

思い切って、参加してきました。

省庁主催の、ゲノム編集食品に関する意見交換会です。

www.maff.go.jp

ホストは厚生労働省農林水産省消費者庁。当日のことは、ニュースでも取り上げられました(ゲノム編集食品“必ず表示を”|NHK 関西のニュース)。

会を終えて疑問点や勉強したいことがたくさん出てきたのですが、今回は全体的な印象について書きたいと思います。

私にとっては、今夏の流通解禁に対して不安が強まる結果となりました。

▶概要

  • 参加者:100名以上(ビジネス:一般=9:1、ほとんどが男性)
  • ホスト:大学教授、厚労省農水省消費者庁の担当者各1名
  • 進行 :14:00〜16:00(最後の30分が質疑応答)
  • 質問 :6-7名が発言。ほとんどが流通への懸念を表明。

 

▶ホスト側の説明の概要

  • ゲノム編集と従来の育種方法との比較
    (「外来DNA」を挿入しなければ、従来の育種方法と区別できず)
  • ゲノム編集と組換えDNA技術との違い
    (=外来DNA残存の有無)
  • 厚労省農水省による規制内容案の発表
    (開発者からの情報提供は「義務ではない」。)
  • ラベル表示の方針は未定
    (消費者の意向・制度の実効性・国際整合性のバランスについて課題を示すのみ)

 

▶「健康リスクは認めるが、恐らく安全」という説明の不可解さ

厚労省の説明

一番理解に苦しんだのが、厚労省のこの説明です。

配布資料の原文を、改行と太字を加えてご紹介します。

オフターゲット等で、当代においては検知されない読み枠のズレによる何らかの人への健康への悪影響が発生する可能性は十分に考慮する必要があるが、

同様の影響が想定される従来の育種技術を用いた場合においても、これまで特段安全上の問題が生じていないこと、

さらには品種として確立するための継代、育種過程における選抜を経ることを踏まえると、

そうした影響が問題になる可能性は非常に低いと考えられること。 

ポイントを書き出すと、

  1. 健康リスクが今後判明する可能性は十分にある
  2. しかし、 その可能性は非常に低い(1.と矛盾)
  3. 理由(1)従来技術でも健康リスクは起こりうるものの、実害は発生していないから
  4. 理由(2)ゲノム編集実施〜流通までのプロセスで「選抜(=外来遺伝子・オフターゲットの除去)」されるから

 

根本的な違い〜ゲノム編集と交配〜

このように、従来の技術と結果的に同等であるとする厚労省の説明。

しかし、そもそもゲノム編集とは、化膿レンサ球菌由来の塩基配列(CRISPR)と酵素(Cas9)を使用し、編集したいDNAを任意の場所でカットする技術*1のこと。 

遺伝子の働きについて未知の部分が大きい以上、こういった「自然界では起こり得ないプロセス」を経ることには常に不確定要素がつきまとうのです。

 

狙い通りカットしても想定外が起きる

たとえば、狙った場所でDNAをカットしても想定外のタンパク質が発現することが分かっています*2

政府の喧伝する「技術の正確さ」をもってしても、こういった予測の難しい事象は発生するのです。そして、このようなリスクは今後さらに明らかになるかも知れません。

ゲノム編集関連の本の中には、あたかも消費者が無知ゆえに根拠なき恐怖におそわれ、バイオテクノロジーを敬遠しているかのように書くものもあります。しかし、実際にはそういった素朴な理由以外にも懸念事項は存在するのです。

 

▶省庁間の連携が不透明

また、意見交換会を通じてはっきりしなかったのが「各省庁はどのように連携し、消費者の権利・安全を確保するつもりなのか」という点。

例えば消費者庁は、ラベル表示について「食品メーカーが原材料をゲノム編集品かどうか知ることができなければ、表示は不可能だ」と言います。しかし、そういった情報は厚労省環境省に提供されることになっているうえ(あくまで任意ですが)、情報提供に該当するかどうかの基準も彼らのルール作り次第です*3

そういった意味では、「事業者が情報を得られない→ラベル表示できない」ではなく、そもそも事業者が情報にアクセスできる仕組みを作ってほしいと思います。そして、それはある程度省庁間の連携で可能なのでは?との印象を持ちました。

  

▶「今夏流通」なのに「表示方針は未定」 

消費者庁の説明

そして、消費者にとって最大の関心事である「ラベル表示」についても、実際にどうなるのか分からぬままでした。

消費者庁

  • 消費者からは「ラベル表示希望」の声が多数
  • しかし、事業者からはコストや手間を懸念する意見も
  • 表示を義務化しようにも、ルール違反を特定する仕組みがなければ困難*4
  • 国際整合性」を重視する必要あり
    EUでは規制対象だが、表示基準は未定。米国では表示不要)

と紹介するのみ。

 

なぜ消費者の意向を優先しないのか?

しかし、消費者の多数意見*5は「ラベル表示希望」であり、かつ消費者庁自身も「消費者の合理的な食品選択の自由は担保されるべき」と言っています。

ならば、「国際整合性」の名を借りた米国忖度よりも、自分たちが守るべき消費者=自国民を優先させるのが当然ではないでしょうか?また、事業者の負担に配慮するのであれば、ラベル表示を可能にするための制度作りに尽力するのが本来ではないでしょうか?

 

給食に導入されたら?

このままなし崩し的に「無表示での販売」が解禁されてしまえば、私達は知らず知らずのうちにゲノム編集食品を買ってしまうでしょう。 そして、保育園や学校の給食にも導入される可能性があります。

これは、ゲノム編集食品を避けたい人にとっては、「食べたくないものを買わない・食べない・食べさせない」という選択の自由が奪われる事態。危機的な状況と言わざるを得ないのです。

 

▶流通は凍結してほしい。でないと安心して買い物ができない。

「リスク承知で解禁」の本音

このように、意見交換会からは何ら安心材料が得られませんでした。

厚労省の担当者は、「一般の方に安心してもらえるよう、分かりやすい説明をしたい」と仰っていました。しかし、リスクを承知で解禁したいとの意向が見え隠れするなか、どんなに安全をアピールされても納得できるものではありません。

 

見切り発車するぐらいなら凍結を

しかも、流通のめどを今年夏(=もう1〜2ヶ月しかない)と定めているにも関わらず、制度づくりはまだ途中なのです。

こういった状況では、解禁前提でラベル表示の有無を議論するよりも、むしろ流通自体を凍結すべきではないでしょうか?そうすれば、国は「何がなんでも夏までに解禁したい、そのために多少強引でもルールを間に合わせたい」という苦しい状況を回避できるのです(実際、お役所はとても苦慮されていると思います。お察しします)。そして、私達も、安全性を審査されないゲノム編集食品を食べずに済みます。

 

今回の意見交換会は、平日の日中という参加しづらい日程でした。しかし、政府側の「空気」を感じられたこと・私と同じく疑問を持つ消費者の声を聞けたことは、今後この問題を考えるうえで大きな収穫だったと感じます。

今後も、もし機会があれば同様の会に参加したいです。

 

▶関連パブリックコメント

なお、本件に関して、厚労省農水省パブリックコメントを募集中です。

どちらも、〆切まで2週間以上。個人名・住所を入力しなくても、意見提出は可能です。

私は提出します。

 

厚労省あて

〆切:7月26日

「ゲノム編集技術応用食品等の食品衛生上の取扱要領(案)」及び「届出に係る留意事項(案)」に係る御意見の募集について

search.e-gov.go.jp

 

農水省あて

〆切:7月29日

「農林水産分野におけるゲノム編集技術の利用により得られた生物の情報提供等に関する具体的な手続について(骨子)(案)」についての意見・情報の募集について

search.e-gov.go.jp

 

*1:

www.cosmobio.co.jp

「今日、ゲノム編集用に通常使用されるCRISPR-Cas9システムは、化膿レンサ球菌(化膿性連鎖球菌)に由来する第II種CRISPR-Casシステムです。」2019/7/8閲覧。

なお、この細菌は「溶レン菌」の名でも知られ、場合によって致死性の症状をもたらすことから「人食いバクテリア」の異名を持ちます。

*2:

www.riken.jp

「これまでゲノム編集は、オフターゲット変異(ブログ管理者註:狙った場所以外でDNAがカットされてしまうこと)を起こさないよう改良が進められてきました。

一方、本研究では、標的とするゲノム領域に狙い通りの突然変異を導入しても、想定外の標的タンパク質発現が生じる例を示しました。研究チームの発見により、“ゲノム編集技術を用いて遺伝子のノックアウトを行う際、標的とするDNA配列を調べるだけでなく、標的タンパク質の発現が消失することも慎重に解析することが重要であること ”が明らかになりました。」2019/7/8閲覧。

*3:現時点では、高度精製添加物はたとえゲノム編集食品由来であっても情報提供する必要がありません。これって、すごく怖くないですか?

*4:ですが、上述のとおり、現時点ではゲノム編集かどうかの情報提供は「任意」です。そのため、消費者庁が調査しようとしても、正確な情報入手には限界があると考えれます。

*5:あくまで消費者庁の配布資料に記載されたパブリックコメント等での意見ですが。