オーガニックで、ミニマルに。

有機にこだわる主婦の、食べること、暮らすこと、選ぶこと、守ること。

美容と健康。オーガニック生活の恩恵。

f:id:KatieFue:20190729061221j:image

トマトの赤、ツルムラサキの緑、厚揚げの白。

たまたまですが、こんなトリコロールカラーの食卓になりました。

手前は、玄米+十穀米のチキンカレー。野菜・お米は無農薬有機栽培です。

有機野菜の恩恵

私は昨年(2018年)の夏、野菜を有機栽培に切り替えました。そして、今は主食も含めてほぼ全て無農薬有機。お肉や卵も、エサはNON-GM(遺伝子組換えでない)のものを選んでいます。

この方針転換で、どれほど嬉しい効果があったのか。たった1年ですが、色々驚きがあったので書いてみたいと思います。

  1. サプリを飲まなくても元気
  2. 基礎化粧をしなくても肌ツヤツヤ
  3. 顔のむくみが取れ、目もぱっちり
  4. 子供の発育がとても良い

 

▶ とにかく元気

サプリ要らず

とくに1.は本当にありがたい!なにせ、子育ては体力勝負。親がしんどくても、子供は容赦などしてくれません。

独身時代は高価なサプリを愛用していたものの、なぜか毎日体調不良。朝起きるのも大変でした。

それが、今は普段の食事だけでかなり元気です。これは、ミネラル豊富な有機栽培だからこそ。

 

有機野菜=ミネラル源

ミネラルは、体内で働く酵素の材料です。でも、農薬によって野菜のミネラル吸収が阻害され、結果的に私達の栄養失調を招いてしまう。

下記の記事にも書いていますが、このことはたくさんの方に知って頂きたいですね。

katiefue-happy-housewife-life.hatenadiary.jp

 また、こちらの本も参考になります。

身体に必要なミネラルの基礎知識 (サイエンス・アイ新書)

身体に必要なミネラルの基礎知識 (サイエンス・アイ新書)

 

もし食生活を変えていなければ、こうやってブログを続けるのも難しかったと思います。

 

精神にも好影響

それに、私は疲れがメンタルに響くほうなのですが、体力に余裕があるぶん軽減できています。

以前は、「疲れる→イライラ抑うつ→さらに疲労→イライラ…」の悪循環。これが育児のさなかだと、本当に大変です。家事どころか子供の世話もできず、自己嫌悪でさらに悪化するかもしれません。

そんな意味でも、日々の食事で体力が維持できるのは、本当にありがたいことなのです。

 

▶美容にも予想外の効果

基礎化粧、ほぼ無し

それから、女性として特に嬉しかったこと!それは、お化粧が最低限で済むということです。

少し前なら、朝・夜の基礎化粧が日課でした。「ふきとり化粧水→化粧水→乳液…」という、かなりの労力。それが、今はゼロ(!)なのです。

もちろん全くいじらないわけではないですが、それも毛穴汚れをシアバターでマッサージする程度。しかもノーブランド品なので、家計にもやさしい。

夏場で乾燥しにくいせいもあるでしょうが、今のところツヤツヤな肌を保てています。

 

むくみも取れた

また、ポイントメイクも眉毛だけ。

以前は腫れぼったいまぶたが嫌で、デカ目に見せようと色々塗りたくっていました。でも、むくみが取れたおかげで、今は必要ありません。

こんな日が来るなんて、本当に予想外です。

 

▶最後に

「体は食べたもので出来ている」と言いますが、この言葉をこれほど実感した1年はありません。

結婚当初は「いかに出費を減らすか?」「どれだけ安い食品を探すか?」が自分のつとめだと信じていましたが、実際には却って高くついていたのかも知れませんね。

これからも無農薬有機の食卓を守って、自分も家族も幸せな家庭を目指したいです。